LibreOffice とは

マイクロソフトオフィス(ワード・エクセル・パワーポイント)と高い互換性を持った無料のオフィスセットです。
最新バージョンではマイクロソフトしか使えなかったマクロ機能(VBA)やマイクロソフトオフィス2007以降のファイル形式
ワード(.docx)エクセル(xlsx)パワーポイント(pptx)にも対応しています。(上書き保存も可能)

多くの国や企業、市町村でも、ぞくぞくと採用が始められています

Wikiペディア LibreOffice

LibreOfficeの操作画面は

マイクロソフト2000・2003とほぼ同じで多くの人が馴染んだメニューやアイコンが並びます
バージョンが新しくなっても操作は同じです
 

マイクロソフトが新バージョンの度に操作画面やデザインを変え、操作を困難にしてきたことを見るとマイクロソフトより
使いやすいかも知れません

 

インストール手順

@窓の杜よりダウンロードします

ダウンロード先

■バージョンは一番新しい方がいいと思います

Windowsは7でも8でも32ビットでも64ビットでも
インストールできます


ダウンロードが開始されたら、この画面が表示されるので
しばらく待ちます

A保存しますか?の画面では保存しないで「実行」で構いません

Bインストールウィザードが開始されたら「次へ」をクリック

Cセットアップ種類では「標準」で「次へ」をクリックします

Dデスクトップ上にスタートリンクを作成のまま

「インストール」をクリック


Eユーザーアカウント制御の画面が出たら「続行」をクリックします

F「完了」をクリック

起動をするには

スタートメニュー>すべてのプログラム>LibreOffice

LibreOffice Calc=マイクロソフトエクセル互換

LibreOffice Impress=マイクロソフトパワーポイント互換

LibreOffice Writer=マイクロソフトワード互換