Windows8/Windows8.1に
スタートメニューを!
Classic Shell

Windows8またはWindows8.1には「スタートメニュー」がありません。あるのは「スタート画面」です

「スタートメニュー」

「スタート画面」

 

Windows8/8.1の使いにくい問題点
■従来「プログラム」と呼ばれていたソフトは「ディスクトップアプリ」と呼称を変更され、
  新たに8・8.1用に全画面で起動するプログラムは「アプリ」と呼ばれます。
■ユーザーには「ディスクトップアプリ」と「アプリ」の違いは起動してみないと区別が付かない
  等の問題があります

「デスクトップアプリ」

「アプリ」

■タイル状のボタンは「アイコン」ではなく「ピン」と表現する
 例)「スタート画面にピン留め」など
■従来の「スタートメニュー」が無いために「ディスクトップ」と「スタート画面」を往来する
  必要があり「すべてのアプリ」表示では階層化されていない無数の「タイル」の中から
  目的のプログラムを探し出す必要があります

■「すべてのアプリ」画面で目的のプログラムを探すのは大変!
  業務用ではなく一般家庭向きパソコンでは200個を超す
  プログラム数も珍しくはない

Windows8/8.1用「アプリ」の欠点
■Windows8/8.1用の「アプリ」では2画面までしか開くことができず、写真などのドロップ&ドラッグなどの整理もできません
■「アプリ」のオプション設定や音量などは「チャームメニュー」を呼び出して設定するという従来では無かったメニューを使います
■インターネットエクスプローラ「アプリ版」では「お気に入り」や「タブ」が全画面の3分の1を占める大きなタイルが表示され
  さらに「ホーム」のボタンがありません
■「スタート画面」では「マイドキュメント」や「マイピクチャ」など保存先を直接示すピン(アイコン)がありません
■「スタート画面」にあるアプリ「メール」はimap方式ではないプロバイダーメールは使えません(Windows Live mailを使います)
■「アプリ」は左右2画面しか表示されず
  フォルダーを2個並べてもデータのドラッグもできない

Classic Shell スタートメニューを付けても、これは同じですが
 「アプリ」なのか「デスクトップアプリ」なのかは
 ジャンル別のスタートメニューで判断できます


なぜ「スタートメニュー」を排除し「スタート画面」となったのか
  ■Windows8・8.1はパソコンではなく「スマートフォン」や「タブレット」に適した操作を重視し、パソコンの操作までも
  統一化しようとしたために、このようになったと思われます
■次期Windows10では「タブレット用」と「パソコン用」が用意され、パソコン用では「スタートメニュー」が復活します

もしWindowsXPやWindows7のような「スタートメニュー」があれば  Classic Shell
■WindowsXPまたはWindows7と操作は同じで
  チャームメニューの呼び出しも必要が無くなります

■パソコンの起動時にディスクトップで起動することができWindowsXP風やWindows7風の
  スタートメニューが使用できます
■さらに「ディスクトップアプリ」と「アプリ」がジャンル分けされたメニューが表示されるため
  使い分けは見た目でわかることになります
■Windowsを終了・スタンバイなとといった操作も、もちろんこのスタートメニューから行うことが
  できるので迷うことはありません(Windows7と同じ)

*必要であれば「スタート画面」や「チャームメニュー」も表示は簡単に出せます
*Windows8/8.1独自の操作は共存され失われません


さらに「スタートメニュー」のデザインを選ぶこともできます
■ WindowsME風 WindowsXP風 Windows7風 
どれかを選ぶ事ができます

■Classic Shellスタートメニューを付けたとしても
  Windows8/8.1の「スタート画面」もチャームメニューも
  すべて使えます
  ただ使う必要が無くなるだけです


 

それでもWindows8 Windows8.1の「スタート画面」に慣れる必要があるのか?
の疑問について
次期OS Windows10では
「スタートメニュー」が復活します
次期OSはWindows9ではなくWindows10と発表されました
Windows10ではタブレット用とパソコン用が分離されます
パソコン用Windows10では
■Windows8/8.1にあるような「メニュー画面」は廃止され
  「スタートメニュー」が復活します。
■右端に半透明に現れていた「チャームメニュー」 や
  パソコンでは使いづらかったタイル側インターネット
  エクスプローラー「アプリ版」も廃止されます。
■Windows8/8.1で左右2画面だけしか開かなかったウイン
  ドウ(アプリやフォルダー)も同時複数のウイントウが重
  ねて開くことができ移動することもドラッグすることも
  可能になりましす。
■右上にある「最小化・最大化・閉じる」ボタンも復活し
  タスクバーは半透明になりまさにWindow7とほぼ同じ快
  適さになります。
■メニューボタンをクリックすれば8のようなタイル状の
  ピン(アイコン)が2列ありますが小さくしたり消したり
  最小限にできます。

以上の事から「スタートメニュー」はあった方が快適と思われます


 

 
Windows8・8.1に「スタートメニュー」を付けてみたいな。と思った方は下記までご連絡ください
←クリックすると「はしもとでんき」
  のホームページを表示します